Instagram

こんにちは!
ごちべんのインスタグラムでは栄養士監修の毎日食べれる日替わりの献立や、全国のコラボ個人飲食店様のご紹介などを発信しております。

ごちべんの仕組みは、一定の店舗数=配達可能エリアが拡大した場合、
本部であるメイクススマイルが一気にプロモーションをかけることが可能となり一気にスケールが加速するモデルになっています♪

単純なお弁当の注文が増えるだけでなく、スケールメリットを生かし仕入れ面や成功ノウハウのシェアなど
フランチャイズというより、VC(ボランタリーチェーン)の位置付けに近いかな?と思います。

ごちべん~ご地域弁当~の加盟店様、
いわば弊社のお客様は各地域に1店舗のみとなっているため、有限となってきます。

なのでその1店舗1店舗様が加盟して良かった、と思っていただけるような仕組み作りを行っています!(^^)

さて、今回のブログでは「飲食店のインスタグラム活用方法!」についてお話したいと思います!
インスタグラムをはじめ近年ではSNS広告の活用が注目されていますね!

SNSといっても様々ありますが、まずは主要SNSの利用情報を見てみましょう!

アクティブ率や前年比との増加率だけでなく、顧客満足度や利用時間なども近年急激に伸びてきているインスタグラム!
国内の登録ユーザーは2900万人を超え、高い効果の見込める媒体として非常に注目度が高いですね!

グループ以外の見知らぬ人にも情報が提供され、拡散力がもっとも注目されている販促方法です。
サービス業の中でも特にインスタグラムを導入するメリットの多い、飲食店がインスタグラムで気を付けるべきポイントをまとめてみました。

⓵飲食店は料理写真が何よりの武器

インスタグラムを導入するメリットが多い理由は、
「料理の写真でダイレクトにお店の魅力をアピールできるから」だと思います!

目で見る情報は、耳で聞く情報よりも何倍もインパクトがありますし、記憶に残りやすいのです。

さらに、お店によっては日替わりメニューや、日によっての限定メニューを出しているところも多いかと思いますが、
そんな流動的な情報も、インスタグラムならリアルタイムでお客さんに伝えていくことができます!

そんな効果の見込めるインスタグラムですが、なんでも投稿すれば良いというわけではなく、肝心のお料理写真が美味しそうでなかったり
清潔感がなかったりなどすると逆にお店の評判が下がってしまうこともあるので投稿する写真には注意しましょう!

とはいっても撮影の際にどんな点を気をつければ良いの!?という方も多いかと思いますので、ポイントを書きました♪

・加工はするなら暖色系

インスタグラムでは様々なフィルターで写真を加工することができますが、撮ったままの状態だと写真全体が暗いこともありますよね。
暗いと清潔感が出ないので、明るさ調整だけは忘れないようにしましょう!

そしてお料理系のお写真の場合は、暖色系の加工がオススメです!逆に青みがかった色は食欲を減退させてしまいますので要注意です!

・自然光で撮る

自然光の差し込む窓際で撮影するのがおすすめです!
自然光を使うことで写真全体が明るくなり、清潔感を演出できます!

あとは逆光で撮影するのもOK♪よく写真は逆光NGといいますが、逆光の反対である順光で撮影すると全体的にのっぺりとした印象になってしまいがちなのです。
逆光ならほどよく影ができて、料理が立体的に、メリハリのある印象になります!

まずはこの2点に注意して撮影してみてはいかがでしょうか?✨

⓶ハッシュタグは必ずつける!

キャプションやコメントにつけることができるハッシュタグは、集客の要と言っても過言ではありません!
「#〇〇」と入力することで〇〇の言葉がハッシュタグになり、同じタグがついている投稿を検索することができるのです!

ユーザーは、このハッシュタグで自分の興味のある写真を検索しています。

お店の料理を投稿した際に、「#宅配弁当」「#居酒屋」など関連するワードをタグ付けしておけば
今お店のアカウントをフォローしてくれているユーザーだけでなく、新しいユーザーにもお店をアピールできるというわけです。

いくらInstagramに魅力的な写真をたくさん投稿していても、フォロワーのみだけの発信になってしまうため、
より多くのユーザーの目に触れるためにも積極的にハッシュタグをつけていきましょう♪

ハッシュタグは1つの投稿に30個までつけることができます。ハッシュタグの始まりにつけるシャープは半角で、
全角ではタグとして認識されませんので、ご注意ください。

他にも様々なコツはありますが、最も大事なことは継続して投稿することです!
投稿しなくては何も始まらないので、あれこれ考えるのではなく、まずは毎日投稿してみてください♪

SNS集客は成果が出るまで少し時間がかかりますが、やって損はないので、楽しみながら継続して投稿してみてください♪

最近の記事

  1. There is no registered post.

カテゴリー

  • No categories
PAGE TOP